キャッシングカードの申込みの際に審査されるのは、キャッシング審査時間、勤務先情報や勤続年数などの個人的なステータス、申込内容の確認、本人確認書類の住所と現住所が異ならないか、および、各個人信用情報機関となります。
従って、少しでも審査を通りやすくするためには、個人的なステータスを向上させ、本人確認書類の住所と現住所を同じにし、個人信用情報に事故情報がある場合には、記録が削除されてから申込むなどが重要なポイントとなります。
これらの中で特に重要なのが、個人信用情報機関のチェックです。ここに事故情報が残っていると、キャッシングカード業者の融資可能基準に引っかかってしまいますので、この段階でアウトとなります。また、それでは、これまで1度もキャッシングカードを利用したことがない人が有利かといえば、必ずしもそうとは言えません。つまり、各個人信用情報が真っ白な状況だと、審査が通りにくくなることもあるのです。一般の方の場合であれば、少なくともクレジットカードの履歴などはあるのですが、それもないということは過去に何かあった人ではないのか、ひょっとして債務整理経験者なのではと疑われるわけです。
確かに、自己破産などをすると5~7年の個人信用情報が真っ白になります。そこで、自己破産者が自己破産情報が削除された後には、携帯電話の割賦販売などを利用して、クレジット履歴を作るようにする人が多くいます。金額は小さいですが、一定の信用を提供することができますので、クレジットカードやキャッシングカードの再契約の審査も通りやすくなります。